転職面接の時間と回数

○面接の時間は?

 

30分〜1時間くらいです。
会社の説明が入ると、1時間をオーバーすることもあります。

 

 

○面接の回数は?

 

・一番オーソドックスなのは2回です。

 

1次 人事  or 採用部門の課長クラス

 

 

・大手だと3回のパターンもあります(3回以上も)

 

1次 人事担当者 or 求人部署のマネージャー
   ↓
2次 人事責任者  or 採用部門の責任者
   ↓
3次 事業部門を管理する取締役

 

 

・中小零細企業やベンチャー企業は1回。最初から社長や役員が出て終わる場合が多いです。

 

 

○1次面接と最終面接で同じことを聞かれたらどうする?

 

 

これは時々あります。1次面接で「自己紹介してください」とさせられ
最終面接でも「自己紹介お願いします」と繰り返しさせられるパターンです。

 

面接官が違えば、1次面接で話をした内容は次の面接の担当者は知らないか、くわしく引継ぎはなされていないのもザラです。1次面接と同じ内容をしゃべってください。

 

注意点は、「前にも話しましたが.,」とは言わないようにしてください。
同じことを話すのはめんどくさい、という印象を持たれてしまいます。

 

法人相手だと、「この会社にはもう自己紹介をした」と思いがちですが、
転職面接の場合は、面接官ごとに対応しないといけない、と思ってください。

 

 

○1次面接で懸念はあるが合格させた、というケースも

 

これもありますね。合格レベルにちょっと足りないが

 

キャリアが求人と合っている
意欲が感じられた
会社と相性が良さそうだ、
最終面接に進ませる頭数をそろえたい時に

 

面接での受け答えに少し不安を感じても、次の面接に上げてしまい
上の役職者にその人物を判断してもらおう、というケースです。

 

1次面接で優しい面接官が、「○○ということですね」と自分が伝えた言葉を
言い換えて、助け船を出してくれたりしたら、その言葉を聞き逃さずにおいてください。
次の面接で合格するヒントになるかもしれません。

 

あとは1次面接で「深く突っ込まれた内容」があった場合は

 

次の最終面接でも聞かれる可能性もあります。

 

より具体的に深く語れるようにしておき、自己分析をブラッシュアップさせると
面接が上手くなります。

 

 

転職面接の評価シート

 

採点表はどんなものなのか一例を紹介します。

 

採点のポイントについては各社バラバラです。その仕事ごとで使うスキルが違うからです。
例 営業→コミュニケーション能力重視 経理→コミュニケーションより業務経験を重視

 

求める点数の比重もちがいます。

 

例 経験より意欲を重視 or 業務経験が最重要、意欲は低くとも内定後に口説き落とす

 

 

●印象・身だしなみ

 

・表情・マナー・身だしなみが全体的に問題ないか?好印象か 評価 1・2・3・4・5
                               ↓以下続く

 

・あいさつはきちんとできてるか?

 

・清潔感があるか

 

・ビジネスマナーはできているか

 

●仕事

 

・業務に必要な知識・実務経験・能力が備わっているか?

 

・業務に結びつく実績はもっているか?数字で説明がなされたか?

 

・回答に信憑性があるか?具体的か

 

・未経験でも、自社で活かせるスキル・能力をもっているか?

 

 

●スキル

 

・コミュニケーションレベル

 

・マネジメント能力
 分かりやすく話しているか
 好感が持てる話し方か

 

・協調性

 

・課題解決力

 

  など

 

 

●転職理由

 

・納得できる理由か?

 

・同じ理由でまたやめそうか?

 

 

●志望動機・意欲

 

・当社に対してどのくらい関心があるか

 

・入社したい意欲を感じるか

 

・当社だからこそ入社したいと思える理由か

 

・自分の言葉で語っているか

 

 

●ビジョン・考え方

 

・やりたいことがはっきりしているか

 

・しっかりした考え方・価値観をもっているか

 

・当社に好ましい将来像か

 

 

その他

 

・当社との相性

 

・ストレス耐性

 

・会社説明を理解しているか

 

 

●条件面

 

・通勤時間
 転居が必要 1時間  1〜2時間 2時間以上

 

・給料

 

 希望年収  ○万円

 

・入社可能時期

 

 1か月以内   1〜2か月  2〜3か月

 

・家族の理解

 

 好意的  or  理解されていない   

 

 

総合得点  点

 

こういう物を使って、コメントを書き入れたり、点数化して評価します。
会社によってはこういう採点表を用意せずに進める所もあります。